ながた内科クリニック

医療法人社団 卓心会は、府中市全域と調布市・稲城市に展開している、内科総合診療・訪問診療・訪問看護・居宅介護グループです。皆さまがより「いきいき」した生活が継続できるよう、グループ一体での包括ケアでお支えします。地域の皆様に価値ある総合支援サービスを提供してまいります。


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

成人している人であれば、たいていの人はこれまで病院のお世話になったことがあるでしょうが、その訪問回数は人よって大きく違っているかもしれません。持病を持っている人であれば、定期的に訪問することが日課になっているでしょうし、逆にほとんど行った記憶がはっきりしない、といった人もいます。しかし、もし、病気になった場合にはどうしますか、と質問されれば、ほとんどの人は「病院に行く」というでしょう。多かれ少なかれ、日本では気持ちの上で依存しており、いざというときには何とかしてくれると考えている人が多いのです。特に大病院では、最新式の機器を導入し、たくさんの医師が働いており、最新の治療が受けられる状態が維持されています。緊急の場合の手術室や、ICUと呼ばれる集中治療室が完備されているところもあり、老若男女の命が救われているのです。病院で働くためには、医師であれば医学部や歯学部を卒業し、医師免許を取得する必要があります。また、看護師であれば、看護師の試験に合格する必要があるなど、人の命を扱う職業であることから、しっかりとした教育を受け、修了した資格を持った人のみができる仕事なのです。しかし、現在では、高齢化社会が進んでいるため、こうした職業に就く人が減っている現状があります。特に地方ではその傾向が強く、地方の一部では適切な治療が受けられないといった問題も起ってきています。一方で、外国の人の中には、日本で医療関係の仕事をするためにやってくる人が増えています。これまでには、考えられなかったことですが、時代とともに、外国人医師が増えてくることは時代の流れとも言えることかもしれません。今後、スムーズに日本で外国人が働きやすい環境を作ることが日本の医療サービスを維持していく上ではとても大切なことといえるでしょう。そのためには、早めの法改正などが求められており、政治家の皆さんには、積極的な活動を望まずにはいられません。
Tagged on: ,ながた内科クリニック