金山生殖医療クリニック

女性医師による不妊治療専門クリニック。札幌大通駅から徒歩2分・チカホ12番出口からすぐで通いやすく、朝7時45分からだから仕事しながら通院が可能。人工授精や体外受精などの不妊治療でお悩みの方はぜひ金山生殖医療クリニックまでご相談ください。


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

皆様は、いつもこのクリニックは通っていて心地がいい、あるいはその逆の事を感じた事がありませんでしょうか。そのリニックの通いやすさや、スタッフや医師との相性等によりそう感じるという要素もあるのですが、心地よく通えると評判の高いクリニックにはある特徴があるようです。それが、待合室やトイレ等が過ごしやすい・使いやすいといった特徴です。こうした場所の快適さは、治療の際に患者目線で色々気を配る、交通アクセス良好な立地にクリニックを構える等といった要素とも勝るとも劣らない重要さを持っており、建築の際にこうした点を細かく発注するというケースも増えてきているようです。まず、待合室の重要性は、クリニックに通う際に誰もが何度も使う場所だからこそ、快適さを求めるという患者が非常に多いため、快適さや利便性を追い求める必要があります。特に、クリニックの通い始めは、症状によってはこれから自分の症状はどうなっていくのかという不安感に襲われる場合も少なくありません。そうした際に、少しでも気持ちを落ち着かせてくれるような色遣いやBGM、あるいは広くて余裕のある過ごしやすいスペースづくりにする事で、そうした患者の不安を和らげることで、心理的な緊張を緩和し治療をスムーズに進められる可能性が高くなります。それ以外にも治療を終えた際のイメージも良くなり、評判や口コミ等を書き込む際に好印象を与える記述を患者がしてくれる可能性も高くなる可能性があるというメリットもあります。トイレの使いやすさや清潔さ等にも気を配りたいところです。特に女性患者は、トイレの使い勝手等に敏感で、女性の悩みに特化したクリニック等の設計の際には、まずトイレの事を真っ先に考えてからその他の部分を決定するというケースも少なくありません。清潔感を感じられる色遣いはもちろんのこと、汚れた際の清掃が簡易である事、そして何より患者が使いやすいスペースである事が、患者を離さないための重要なポイントとなっています。
Tagged on: ,金山生殖医療クリニック