ラディアス上尾


カーコーティングの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ガラスコーティングとは車の塗装面を綺麗に維持し、汚れが付着してしまっても自宅で行なう軽い洗車だけで簡単に汚れが落とせるようになる施工です。施工では塗装の表面をガラス質の皮膜で覆うため、経年劣化で起こる自動車の塗装の色褪せであったり小さな傷からボディを守り、光沢感を持続させることが可能です。塗装面はもともとクリア塗装と呼ばれる透明の皮膜で覆われていますが、この施工によりガラス質のコーティング被膜でさらに上から覆えばクリア塗装の劣化を防ぐ効果も期待できます。ではガラスコーティングにはどのような成分が含まれているのかというと、主な成分として二酸化ケイ素が含まれており、ガラスと同様の成分を使用しているため高い強度を持ち紫外線・熱による劣化が起こるのを防ぐことができます。ただしガラスコーティングとガラスの主成分は二酸化ケイ素であっても、ガラスが主成分ではないので直接車の表面にガラスを形成しているわけではなく、ガラス質の被膜を形成していると正しく理解しておきましょう。また施工を専門業者に依頼する場合、ガラスコーティングには2つの種類がありそれぞれの特徴を正しく理解しておく必要があります。この2つのガラスコーティングは主にツヤが出るタイプと出ないタイプに分かれ、コーティングの成分に違いがあります。ツヤが出るタイプには主にシロキサンと呼ばれ、被膜に十分な厚みがあることが特徴で、ツヤが出ないタイプはポリシラザンであり被膜が薄いことでツヤが出ません。これらの特徴をふまえて他のボディコーティングとの違いをチェックしてみると、ガラスコーティングで使用されるコーティング剤の大半は無機質コーティング被膜を形成するのに対し、他の種類はフッ素やシリコン、石油系溶剤が含まれているので持続性と耐久性がそこまで高くありません。しかし無機質コーティング皮膜の場合、被膜部分が非常に硬質であるため傷が入りにくく剥がれにくいので、一度施工を行えば効果が持続しやすくなる長所を持っています。
Tagged on: ,ラディアス上尾