もぐりん


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

酵素風呂は発酵熱を利用したお風呂です。微生物が酵素の材料を食べて発酵する仕組みを使っています。この際に微生物は熱を発生させます。熱自体は高温ですが、穴が空気に触れることで熱が冷めていきちょうどいい温度になります。実際の温度は40℃前後くらいと入りやすいです。通常のお風呂と違い微細な空気の層と水分が含まれているのが特徴です。2つの働きによって人間の体に芯まで熱が通ります。いわば「蒸し野菜」のようになるのです。きちんと熱が入ることで体にある溜まった毒素や老廃物を汗と流れ出していきます。発酵する熱によるデトックス効果になります。熱で体温を上昇させ不要なものを洗い流せれば体の細胞の働きがぐっとよくなります。持続性も高く入浴後も体は温かいままです。全身を自然発酵で温めるので副作用もなく、温熱療法として取り入れられています。酵素風呂の主な原材料はおがくずや米ぬかとなります。同じ酵素風呂とはいえ、原料による特性は違ってきます。おがくずは原料にヒノキなどが使われており木の香り豊かです。木の湯船に使っているようなリラックス差が体感できます。おがくずは簡単には発酵ができないので、ある程度メンテナンスが大変です。米ぬかは原料のお米の家要素が含まれています。ビタミンやミネラルなど女性にうれしい成分が多く含まれています。特に美容や肌への効果を重視する方は米ぬかがおすすめです。肌がきめ細かくなったりワントーン明るくなる効果が期待できます。水と新しい米ぬかを加えれば邯鄲に発酵します。そのぶん、おがくずに比べて酵素量が多く匂いが強くなります。臭いに敏感な方はヒノキがいいでしょう。酵素風呂は1回の入浴だけでも十分に効果は出ます。もし肌のことを考えるのなら定期的に継続することをおすすめします。1度のデトックスでは老廃物は完全に出ることはありません。時間経過で再度老廃物は溜まってくるので体は定期的なメンテナンスが必要とします。美容効果を考えるなら肌のターンオーバーが整えるためにも重要です。
Tagged on: ,もぐりん