[Pao@Office] ソフトウエア設計・開発・販売

Excel・Wordのバーコード作成ツールならBarcode.Office。Office 製品に限らずブラウザ等多くのアプリケーションからバーコードを作成することが可能です。まずはBarcode.Office をダウンロードしてお試しください。


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

人気がある商品が売られているお店に行きますと、少々待たされてしまう事があります。待ち時間が長いと、商品を買うのを諦めてしまう方も少なくありません。特に繁忙期などは、その傾向が顕著です。ゴールデンウィークや年末年始などの時期になりますと、お店は少々混雑してしまうことがあります。年末商戦などの事情により、普段よりは商品が安く売られている事も少なくありません。商品が安くられている以上、消費者としてはお店で買いたくなるケースもよくあります。ですから通常の時期と比べると、年末年始は長蛇の列ができやすいと言われています。普段はあまり列ができないお店でも、クリスマスなどのシーズンに長い列ができてしまうケースも少なくありません。バーコードは、その列に関するメリットがあります。そもそも長蛇の列ができてしまいますと、お店の従業員は大変です。多くの来店客に対応する必要がありますから、レジも手早く処理しなければなりません。あまり待ち時間が長いと、来店客も商品購入を諦めてしまう可能性もあります。待たされてしまうと、来店客としてもストレスが溜まってしまいますから、長蛇の列ができるのを防ぎたいと考えているお店も多いです。ところがバーコードを採用しておくと、多くの来店客に対応できるケースも多いです。旧式のレジですと、商品の値段を手入力しなければなりません。値段を手入力するのは時間がかかりますし、入力ミスも起こり得ます。ところがバーコードであれば、かなり速やかに決済処理を済ませることができます。現にコンビニでは、バーコード読み取り用のセンサーがあります。赤外線のような光が放出されるセンサーがあって、とても手早く会計処理を済ませてくれる訳です。ですからバーコードを採用しておくのは、お店側にとっても大きなメリットがあります。多くの来店客に対応できるメリットは大きいですし、業務効率化も期待できますから、多くのお店はバーコードを採用している訳です。
Tagged on: ,[Pao@Office] ソフトウエア設計・開発・販売