山口建設

「給湯器からお湯が出ない!もしかして故障?」「給湯器を修理したい場合はどうすればいいの?」と困った時のために、給湯器の故障の原因と対処法、修理・点検にかかる費用相場、業者の選び方までをご紹介いたします。


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

給湯器はお湯を出す能力について号数で表します。1号は1分あたり1リットルの水を水温から25度挙げられる能力となるため、どれくらいの水を一度に使うのかによって、自宅で取り入れたほうがいいとされる能力が大幅に変わることを理解してください。20リットルの場合は20号、24リットル必要だと思われるなら24号を買ったほうがいいでしょう。たとえば、1度に複数の場所で使用することがない家庭であるなら、1度に使う量が少ないため、16号で問題ないとされています。しかし、家族の人数が多ければ多いほど、一度に使うお湯の量は多くなるため、ある程度確認してから利用しましょう。熱さでべたべたするからシャワーを浴びたいという家族がいるときに、台所でお湯を使って料理をするのであれば、シャワーと台所の給湯を同時に賄える給湯能力のあるものを選んでください。また、冬に朝シャンをしている人がいるなら、朝ご飯の準備をしていることがあるなら、24号などの大きめの物を選んだほうがいいでしょう。家族が1度にどれくらいのお湯を使うのかによって、利用する給湯能力は違うと考えてください。もちろん給湯能力で選ぶことだけではなく、潜熱給湯器化通常の物を選ぶのかによっても、多少能力が変わるため、注意しましょう。潜熱給湯器の場合、一度水を温めた熱をそのまま利用して、もう一度水を温める能力があります。家庭によって普段どれくらいのお湯を使っているのかは異なりますが、使っているお湯の能力によって選んだほうがいいため、潜熱を必要とするかどうかは、その家によって異なります。お湯を1度に何か所でも使う場合や、二世帯住宅などで1つの給湯器を使いたい場合など、様々な事情によって選ぶ能力は異なるといえるでしょう。なるべくたくさんのお湯を使うのか、それほど使わないと考えているのかによって、多少買うものは異なります。ただし、号数が少ない物を買って後からお湯をたくさん使うようになったということもあるため、多少余裕のある号数を買うとさらにいいでしょう。
Tagged on: ,山口建設