明大前アートクリニック

明大前アートクリニックは杉並区の京王線明大前駅より徒歩5分にある不妊治療専門クリニックです。タイミング法や人工授精などの一般不妊の方から体外受精・顕微授精、男性不妊も行っています。


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

日本人の晩婚化に伴って、社会問題下しつつあるのが不妊症です。もともと、不妊症は女性にのみ問題があると考えられていましたが、男性にも不妊症があることがわかるようになりました。もともと精液の中に精子がない無精子症という病気や、精子の動きが活発でないことから卵子にたどり着くことができず、着床しないケースも多数報告されています。また、仕事のストレスなどにさらされることで、男性不妊が顕在化するケースが多数報告されるようになり、最近では女性だけでなく男性に対しても不妊治療がなされるようになってきたのです。男性の不妊症についての知識が広まるにつれて、夫婦で検査や不妊治療に訪れることが増えてきたことは、不妊治療を行う上では良いことであると判断されます。それまでは、女性の不妊にのみ原因があるとの根強い認識があったことで、男性側が不妊治療に対して非協力的であったり、女性だけが責められるという状況を生み出してしまっていました。男性側の不妊症が注目されることで、夫婦二人で不妊症の検査を受け、治療に取り組むという前向きな姿勢が見られるようになってきたのです。不妊症の治療については、夫婦だけでなく主治医との信頼関係の構築も大切です。今では様々な治療方法が確立されていて、選択肢が増えているとはいえ、協力して治療に取り組む必要があるので、信頼できる医師を見つける事が重要です。不妊治療専門のクリニックが登場し、より専門性の高い治療を受けることができるようになりました。高度不妊治療では、体外受精や顕微鏡受精といった最新の医療技術を用いた治療が行われ、子供を望む夫婦に希望を与えています。不妊治療というのは、医師と相談の上で治療方法を変えていく必要があります。その際に、きちんと医師との信頼関係が構築されていることで、治療方針を決めていくことができます。そのため、自分たちにあった専門医を見つけることはとても重要なことです。
Tagged on: ,明大前アートクリニック