ガス給湯器交換サービス


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

自宅で手軽に水ではなくお湯を使用する方法として、給湯器は多くの過程で活用されているアイテムの1つといえます。キッチンであれば油汚れなどはお湯で洗う方が落としやすく、寒い冬であってもあたたかい状態で調理なども行う事が可能です。お風呂でも給湯器は多く活用されており、湯船にお湯を貯めるだけでなくシャワーなど、1日の疲れを癒したり汚れを落とすなどに活用されています。手軽にお湯が使用出来るという点で、給湯器自体は家庭でも欠かせないアイテムの1つといえます。実際に問題なく使用できればよいですが、場合によっては故障することでお湯が使用できなくなるケースが多いです。その場合は給湯器のメーカーに連絡することで、修理を依頼する事が可能です。この時点で確認すべきポイントとなってくるので、保証期間と修理可能期間という点です。使用している給湯器がBL認定品であれば、保証期間は2年間となっています。BL認定品出ない場合は、認定品に比べると保証期間は1年短い1年間が保証期間となります。保証期間内であれば故障してしまっても、無料で修理してもらう事ができるので把握しておく事が大切です。次に修理可能期間ですが、これは修理自体の依頼ができる期間になります。メーカーでは多くの新商品を開発しているので、販売後の商品自体の修理も期間を設けている事が多いです。可能期間が設けられている理由として、メーカー側が修理に必要な部品の保有期間があるという点が大きく関係していることも重要です。BL認定品であれば修理可能期間は10年であり、認定品以外の商品の場合は7年となります。保証期間を過ぎていても修理可能期間であればお金の支払いは発生しますが、修理の依頼をする事自体は可能です。使用年数などによっては修理期間対象外になる事もあり、そうなると修理に必要な部品自体をメーカーが保有していないことで修理自体が出来なくなるケースも想定しておく事が重要といえます。
Tagged on: ,ガス給湯器交換サービス