新宿NSビルスカイクリニック

新宿西口のクリニックなら「新宿NSビル スカイクリニック」。土日診療も行っております。 当院は婦人科、消化器科、泌尿器科、内科、外科を標榜する医療機関です。また、発熱外来受け付けております。 健康を目指すための美容注射「にんにく注射」「プラセンタ注射」「白玉注射」「強ミノ」や健康的にダイエットする「GLP-1」ダイエット、医療用インディバ


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

患者さんがクリニックに来院する際、不満として持ち上がる声というのがいくつかあります。そのなかには、病気が治らないという声や医者がヤブ医者という声もあるでしょうが待ち時間という声も耳にします。クリニックを経営する側も、患者さん側も、クリニックが繁盛していると思えば待ち時間の長さは仕方ないと思うのでしょう。しかし、集患状況に満足するのは経営側だけです。患者さんは忙しいなかクリニックに足を運ぶワケです。もちろん、特定の医師にしか治療ができないような場合には、どれだけ長い待ち時間も待てるでしょう。しかし、風邪などの症状であれば待ち時間のかからないクリニックを利用する患者さんばかりです。近年は、新型コロナウイルス感染対策として、待合室での2次感染を怖れる患者さんも増えています。なるべくなら滞在する時間の少ないクリニックを選びたくなるのも理解できます。もちろん、患者さんにとっては体調不良で来院しているワケですから、早く治療をしてもらいたいでしょう。「まだかかりますか」というクレームが出ることもあるなら、当然看護師やスタッフが対応せざるを得ないので、クリニックの対応次第では効率良くまわらないこともあります。看護師やスタッフを増員できるならば、患者さんのためにもやるべきです。しかし、最近になって多くのクリニックで採用されているのが、患者数の平準化です。開院中、長く待つという状況はあまりありません。もちろん、インフルエンザや風邪が流行り出す時期は除外します。混雑している時とそうでない時の差というのもあるでしょう。院内の掲示板で空いている時間を知らせたり、診察終了時に次回予約を取り付けるなども一法です。しかし、もっと賢いやり方となるのが、診療予約システムを導入することです。時間帯ごとに患者数を細かく調整することも可能になります。これなら、予約管理をコンピューターが行ってくれますから、待ち時間はかかりにくくなります。
Tagged on: ,新宿NSビルスカイクリニック