通訳案内士試験道場

通訳案内士試験道場は、通訳案内士試験に合格することを目標に、日本について広く深い知識をもち、さらに中国語・韓国語で日本を紹介できる人材を育成するために創られました。


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

通訳として働く方法は、複数あります。会社勤めで、通訳の仕事をする方法もあります。通訳の仕事は少々特殊で、正社員の求人はあまり多くありません。正社員というより、派遣の案件が圧倒的に多いです。全体的に時給の数字は高めで、2000円を超えている案件も沢山あります。他の職種と比べると、時給自体はかなり高い方です。時給2000円台ですし、月収に換算すれば30万円台ぐらいは稼いでいる方が多いです。ところで通訳の仕事に関心を抱いている方は、しばしば通訳試験で合格する事を目指しています。なぜなら通訳試験に合格していれば、その収入を高くできる可能性があるからです。そもそも通訳として働きたいなら、派遣以外にもあります。多くの方々は、通訳として独立する事を検討しています。いわゆるフリーランサーとしての独立を考えている方も多いです。現に多くの方々はフリーランとして独立していて、人によっては多くの収入を稼いでいます。どれくらいの収入になるかは、本人の実力次第です。年収に換算すると、400万円から500万円ぐらい稼いでいる方は多いです。派遣の場合は上記のような収入ですし、独立する方が収入は高く見込まれる訳です。ちなみに400万から500万円という数字は、一般的な水準になります。本人の努力次第では、さらに大きく稼ぐ事もできます。それに魅力を感じて、通訳として独立したいと考えている方も多いです。そして通訳試験は、独立した後に役立ってくれるという声も多いです。独立した後は、通訳としての実力を証明しなければなりません。通訳の仕事を依頼する側としても、実力がある人物に任せたいからです。依頼する側からすると、通訳試験に合格している人物の方が信頼できると思っていることがあります。つまり通訳試験に合格していれば、仕事を依頼される確率も高くなると見込まれる訳です。それに魅力を感じて、通訳試験の合格を目指している方も多いです。
Tagged on: ,通訳案内士試験道場